フィギュアスケートを外野から楽しむ&応援するための会


by carthaginois

幻の蝶々夫人?太田由希奈、今季も欠場

太田由希奈選手について、今シーズン全ての大会を欠場する旨が、スケート連盟より14日に発表されました。発表によると、昨年痛めた右足首回復が遅れていて、現在アメリカ、コロラドスプリングズでリハビリ&トレーニング中だとのこと。
彼女は今シーズン、グランプリシリーズは最終戦の、大阪で開催されるNHK杯に出場する予定で、久しぶりに彼女の演技が見られると期待していましたが、残念です。

彼女が出場した最後の大会は、昨年のグランプリシリーズ初戦のアメリカ大会でした。
その大会での太田選手の演技は、ジャンプがほとんど決まらなく、足の調子がよくないらしく、見ていて少し痛々しいところがあり、結果も7位と振るわなかったですが、さすがに表現力では、我々を魅了してくれました。
その時のフリーが「蝶々夫人」のプログラムで、今シーズンも引き続き「蝶々夫人」で滑るとのことでしたが、このプログラム、このままお蔵入りになってしまうのでしょうか?

荒川静香選手の昨シーズンのショート・プログラムの「蝶々夫人」も、見ていて強く惹きつけられる印象深いプロでしたが(荒川選手にはフリーで「蝶々夫人」を滑ったらどんな風になるか、個人的に関心があるところですが)、太田由希奈選手のフリーの「蝶々夫人」も、ジャンプがしっかり入ったらどんなに見ごたえあるか、音楽と見事にマッチした見せ場満載の、彼女ならではの美しいプログラムだったので、このまま見られなくなるのは、やはり残念です。

今シーズンは、オリンピックは無理でも、もしかしたら世界フィギュアで初出場して、太田選手の存在をより広く世界の人々に知ってもらえるのではないかと、同じ日本人として期待していましたが、来シーズンの日本で開催される世界フィギュアには、是非出場してもらいたいし、太田選手の、芸術面で抜きんでた演技を、もっともっと見せてもらいたいです。
復活を期待します!
[PR]
by carthaginois | 2005-10-15 02:36 | スケーター