フィギュアスケートを外野から楽しむ&応援するための会


by carthaginois

スケート・カナダの結果

スケート・カナダの結果が出ました。

MasterCard Skate Canada Int. 2005
Ladies Final Result
1位 Alissa CZISNY      USA 168,32 
2位 Joannie ROCHETTE  CAN 158,30
3位 Yukari NAKANO     JPN 149,54
4位 Yan LIU           CHN 142,58
5位 Sarah MEIER       SUI 141,78
6位 Mira LEUNG        CAN 134,30
7位 Carolina KOSTNER   ITA 132,64
8位 Fumie SUGURI      JPN 132,00
9位 Lesley HAWKER     CAN 127,801
10位Joanne CARTER     AUS 116,70
棄権 Susanna PヨYKIヨ     FIN


アメリカのシズニー選手が、先週のスケート・アメリカからの好調を維持し、ショート、フリー共に1位で、総合、2位に10ポイントの差をつけ1位。東京ファイナル出場、1番乗りを果たしました。スケート・アメリカ2位、スケート・カナダ優勝というのは、先シーズンのファヌフ選手と同じ成績。ファフヌ選手はファイナル、そしてワールドと調子を崩してしまいましたが、シズニー選手は、このまま前進できるのか、そしてアメリカ国内では、コーエン、クワンに続く3番手として、オリンピック代表になれるか、面白くなってきました。

ケガの影響でほとんど練習が出来ていなかったという状況の中、ショートでは2位となんとか持ちこたえた村主選手は、フリーは10人中9位ということで、総合8位まで順位を下げてしまいました。次の登場は、グランプリ・シリーズ最終戦のNHK杯ですが、状況が相当深刻なようなので、ファンの人は心配なことでしょう。国内選考基準のポイントでは、先シーズン終わった時点で、村主選手がトップだっただけに、村主選手のオリンピック出場は、ほぼ確実のように思われましたが、まだまだ分らなくなりましたね。前回のオリンピックの時も、先シーズンのワールドの時も、一番最後になって出場権を獲得と、前半戦が不調な彼女は、毎年波乱万丈ですが、今年はケガもあり、例年以上に厳しいスタートとなりました。果たして復活はなるのか。

村主選手が順位を下げた代わりに、中野由加里選手はショート4位から順位を一つ上げ、総合3位と、シニア4シーズン目で初のグランプリ・シリーズ表彰台と、健闘しました。フリーでは、冒頭でトリプル・アクセルに挑戦し着地したようです。中野選手は先シーズン、スケート・カナダ最下位だっただけに、彼女の銅メダルは意外でした。佐藤コーチに移ってから2シーズン目ですが、一時はペア転向かという話が出てましたけど、順調に伸びているようですね。、彼女も次の登場はNHK杯ですが、NHK杯でも表彰台ということになれば、グランプリ・ファイナル出場も射程範囲となりますね。

地元ロシェット選手は順当に2位。
今シーズン注目の存在のコストナー選手は、フリー8位、総合7位という結果。
なお、ポイキオ選手は直前に棄権したそうです。
スケート・カナダ結果
[PR]
by carthaginois | 2005-10-30 16:05 | グランプリ・シリーズ