フィギュアスケートを外野から楽しむ&応援するための会


by carthaginois

【番外】全日本選手権観戦記②

12月25日(日)午前9時、開場。                                       会場内に入っていった時、すでに女子フリー第3グループの35分間の公式練習が始まっていた。リンクでは第1滑走の平井絵己選手の音楽が流されている。第3グループは、前日のショート・プログラム7位~12位の選手6人で構成されているが、今回は、澤田亜紀選手、北村明子選手、武田奈也選手等、これから大きく羽ばたこうする期待のジュニアの選手たちが多く揃った。まずは席に座った。その日の席は、1階席、審査員側(南側)の一番右端の方。端っこなので、見え方が果たしてどうかなと少し気になっていたが、前から3列目で、しかも前日の観戦は、2階席からだったこともあり、思っていたよりも悪くなかった。席に着くとすぐに、目の前のフェンスぎりぎりのところを滑っていた浅田舞選手の姿が、まず目に飛び込んできて、その清楚な艶やかさにとりわけ目を惹かれた。舞選手は、これが彼女のお気に入りのコースなのか、他の誰よりも、リンクの一番外側のフェンス沿いをよく滑っていた。観客にとっては選手の姿がよく見えるので嬉しいことだ。                                          ☆                  ☆                   ☆               第3グループが終わると、最終グループ、日本最強メンバーが、一斉にリンクに飛び出した。どこかの新聞に、この公式練習の壮観さについての記事が載っていたが、ホントに贅沢な眺めで、目のやり場に(あまりに見るべきもの、見たいものがたくさんあるので)困った。目の前で恩田美栄選手が迫力ある高いシャンプを決めたと思ったら、向こうの方では、荒川静香選手が、鮮やかに3回転―3回転―3回転、すると今度は、浅田真央選手が軽々とトリプル・アクセルのコンビネーション、その直後に中野友加里選手もトリプル・アクセルを決める…といった具合で、あれよあれよといった短い合間に、リンクのあちらこちらで凄い大技のオン・パレードで、まばたきするのも惜しまれるほど。まだ観客席は全体的にガラガラで、拍手もパラパラという感じで多くなかったが、すでに本番でのあの異常なほどの盛り上がりの予兆が、十二分に感じられるもの凄い光景で、とてもこの時の興奮は言葉で言い尽くせない。                                                    一人一人のフリーの音楽が滑走順に流れ、各選手が、軽く流す感じで、音楽に合わせて滑ったり、ステップしているのを見ながら、本番での完成演技に想いをはせ、リンク上の演技の位置を確認したりと、ファン冥利に尽きる楽しい時間を過ごした。出来ればこの時間がもっと続いてくれれば、なんて思ったりしたが、ホント早めに出て来てよかった!濃密な35分間であった。                                                                      
[PR]
by carthaginois | 2005-12-31 17:13 | その他競技会