フィギュアスケートを外野から楽しむ&応援するための会


by carthaginois

四大陸選手権の結果

四大陸選手権(アメリカ、コロラドスプリングスで開催)が終わった。今シーズン、グランプリ・シリーズで大躍進を遂げた中野友加里選手の初優勝が期待されたが、結果、あと一歩及ばず2位に終わった。最終結果は以下のとおり。                                                        Four Continents Championships 2006 Ladies                                                                               1.Katy TAYLOR USA 164,05                                                                                           2.Yukari NAKANOJ PN 161,49                                                                                         3.Beatrisa LIANG USA 159,91                                                                                         4.Lesley HAWKER CAN 145,94                                                                                        5.Meagan DUHAMEL CAN 145,28                                                                                         6.Mai ASADA JPN 141,65                                                                                              7.Yan LIU CHN 138,55                                                                                               8.Joanne CARTER AUS 133,97                                                                                         9.Akiko KITAMURA JPN 132,04                                                                                      10.Christine ZUKOWSKI USA 131,42                                                                                         恩田美栄選手が欠場し(残念!)、ワールド出場級の選手が見当たらないメンバーからして、中野選手の優勝は、まず間違いないと思われたが、ショート・プログラムで、3つのうち2つのジャンプの減点がひびき3位と出遅れ、フリーでは1位になるものの、総合ではわずかに及ばず2位という結果に終わった。今回もプログラム冒頭でトリプル・アクセルに挑戦して着氷したが、回転不足で、認定はされなかった。 トリプル・アクセルの基礎点(7.5)とダブル・アクセル(3.3)の差は大きい。(今回の中野選手はダブル・アクセルの3.3からさらに0.5減点されて2.8 )                                            ショート 1位でリードしたリャンは、フリーで 後退し総合3位に、 優勝は、ショート2位、フリー2位のアメリカ 新星、全米選手権では4位だったカティ・テイラーに 決まった。 テイラーは、2年前の世界ジュニアで、 安藤選手、マイスナーに 続いて 3位だった選手だ。                                                                        その世界ジュニアで4位だったのが浅田舞選手だが、シニアの国際大会初参戦で、ショートは中野選手に僅差で4位と、メダル射程圏内であったが、フリーでは2度転倒し、結局総合6位であった。この選手が滑ると、なんだか独特の雰囲気が生まれる。なんだか空気がピュアに研ぎ澄まされていくというか…彼女に合った愁いのある曲によるフリー・プログラムで、全日本選手権並のクリーンな演技が見られなかったのが、今回残念だが、また来シーズン頑張って欲しい。                                               恩田選手の代役として出場した北村明子選手も同じくシニア初参戦であったが、総合9位という結果であった。京都の濱田コーチのところの選手は、みんな魅せ方が工夫されていてうまい。エキゾチックなちょっとしたアクセントがピリっと効いていて、惹きつけられる。彼女もまだこれからの選手なので、成長を期待したい。                                                                       それにしても、フィギュアスケートの試合は、開催地がどこかということが、得点、順位に驚くほど大きな影響を与える競技だ。 いよいよ次はオリンピック…     
[PR]
by carthaginois | 2006-01-30 13:58 | その他競技会