フィギュアスケートを外野から楽しむ&応援するための会


by carthaginois

トリノTV観戦日記⑤-アイスダンスの巻

ペア、男子シングルに続き、アイスダンスの競技が終了した。ここでも本命のタチアナ・ナフカ&ロマン・コストマロフ組がそのまま優勝。やはりチャンピオンは、ここぞの時に、大きなミスもせず、持ち味を十分発揮して、強い。フリーダンス「カルメン」は、見応えあった。2位は、スピード感がありいきが良かった、アメリカのタニス・ベルビン&ベンジャミン・アゴスト組、3位はエキゾチックなくねくね振付が印象的だった、ウクライナのエレーナ・グルシナ&ルスラン・ゴンチャロフ組に落ち着いた。日本から出場の渡辺心、木戸章之組は15位、この順位はこれまでのオリンピックでのダンス日本ペア最高位だそうだ。                                                                                               前日のオリジナル・ダンスでは、演技終了直前で、もったいない転倒で、順位を上位から落とす組が幾組かあって、演技が終わった直後やキスクラでの表情が、なんとも痛々しかったが、カナダのマリーフランス・デュブリュイル、パトリス・ローゾン組が、オリジナルでの転倒で、女性が体を強打し、演技が出来る状態でなくフリーを棄権してしまったのが、とても残念だ。NHK杯優勝時や、東京グランプリ・ファイナル銅メダルの時に見せた、映画「ある日どこかで」のサントラによる、デビッド・ウィルソン振付によるプログラムのしっとりと美しい演技が素晴らしかっただけに…

☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

今のところロシア勢が金メダルを独占している。残る競技は女子シングルのみ。ロシア勢としては、大本命スルツカヤ優勝で、フィギュアスケートのロシア完全制覇といきたいところだろうけど、それだと面白くない。最後は金メダルも含めたひと波乱、ふた波乱を望みたいところ。(出来れば日本人選手の誰かが、誰でもいいから台風の目となってくれたら最高に面白くなるのだけど…) しかし、何度も大舞台での大勝負を経験してきて、前回のオリンピックのようにほんの僅差で銀に終わり悔し涙を流したこともある、また自らの病その他で競技を離れ、そこから復活を果たしたスルツカヤは、今、はがねの強さを持っている。その壁は厚い。                                                                       そしてアメリカのサーシャ・コーエンは、誰もがその実力は認め、いつ優勝してもおかしくないと思われているものの、世界選手権クラス以上の一番大事な試合で、パーフェクト演技が出来ず、ビッグタイトルを手にするチャンスを今まで逃してきた。彼女も、このシーズン、いよいよ頂点に立ちたいという思いは強いはず。                                                                                                 また地元イタリアのカロリーナ・コストーナーは、ジャンプ、スピード等、強力な武器をもち、また地元の強力なバックアップがあるだけに、開けてみなければ順位の読めないダークホース的存在。 これらのライバルたちを相手に、日本勢がどれだけ自分の満足いく演技をして、さらに審査員からの点数も獲得し、上位に食い込むことが出来るか。今夜、いよいよショート・プログラムが行われる。大、大、大、期待したい!!!                                  主要選手の滑走順は以下のとおり。                                            
第一滑走:  2番マイスナー(米)、3番ポイキオ(フィンランド)、5番ロシェット(加)         第二滑走: 11番ソコロワ(露)                                        第三滑走: 14番安藤 (日)、 15番ヒューズ(米)、16番セバスチャン(ハンガリー)      第四滑走: 18番スルツカヤ(露)、21番荒川 (日)                           最終滑走: 26番リアシェンコ(ウクライナ)、27番村主(日)、28番コストナー(伊)、29番コーエン(米)                                                      なお、出場予定だったロシアのビクトリア・ヴォルチコワ選手は棄権したそうだ。                                              
[PR]
by carthaginois | 2006-02-21 14:37 | オリンピック