フィギュアスケートを外野から楽しむ&応援するための会


by carthaginois

トリノTV観戦日記⑦ー女子シングル・フリーの巻

荒川静香選手は、開会式でパヴァロッティが、プッチーニのオペラ「トゥーランドット姫」の中のアリア「誰も寝てはならぬ」を歌ったと知って、なにか運命みたいなものを感じたと言っていたが、今回のフリーの競技が始まった時、あれっ!と思った。 
 フリー最初の滑走者、地元イタリアのシルヴィア・フォンタナ選手のプログラム音楽が、荒川選手と全く同じ、ヴァネッサ・メイのヴァイオリンによる「トゥーランドット」であったのだ。思えば、荒川選手が世界選手権で優勝した際、最終滑走者のカロリーナ・コストナー選手(こちらもイタリア人)が、やはり同じ「トゥーランドット」を一部使用していた。今回、最初に登場したファンタナ選手が「トゥーランドット」で滑っているのを見て、荒川選手にとって、なんだか良い吉兆のように感じられたのでしたが、果たして、その前触れみたいなものは、その4時間近く後、素晴らしい、素晴らしすぎる形を伴って、現実に現われでたのでした。                                                                                  
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     
荒川選手、オリンピック、金メダル、おめでとう !!!                                                                                                                                                                                                                                                     
                                                                                                                                                      透明な風に乗って、夢の中の桃源郷にさ迷い出たような、芳香が匂い立つ、美しい演技だった。2年前のドラマチックで激しいトゥーランドット姫とはまた違った、成熟した魅力、より磨かれた大きな華があった。すごいことだと思う。新採点システムに合わせて、高難度の技を次から次へと織り込みながらも、一つの作品として、荒川選手の演技には、ゆったりとした時間が流れていた。まるで雲間で天女が舞っているよう…。まったく自然、且つ美しい。                                                強力なライバルのスルツカヤ選手やコーエン選手が、その重圧からか、普段の演技からは考えられないほど堅くなって転倒もしてしまい、本来の演技が出来なかった中、荒川選手は、自分の演技をしっかりと見せ、観客を(そしておそらく審査員も)魅了した。そしてその結果の金メダル。自分の滑りをひたすら追い求め、深めていき、そしてオリンピックという最高の舞台で、堂々と、麗しく演じきった。同じ日本人として誇りに思います。                                                                        良い演技を見せ4位と健闘した村主章枝選手も、四回転に挑戦した15位だった安藤美姫選手も、お疲れ様でした。驚きと、大きな感動、最高の贈り物をありがとう!私たちは、このオリンピックをきっと忘れないでしょう…                                                                                                     
[PR]
by carthaginois | 2006-02-24 08:45 | オリンピック