フィギュアスケートを外野から楽しむ&応援するための会


by carthaginois

世界フィギュアの結果を見てⅠ

荒川静香選手、イリーナ・スルツカヤ選手、そしてミシェル・クワン選手と、強豪不在の今回は、始まる前まで、サーシャ・コーエン選手の優勝ほぼ間違いなしのように思われたが…                                                                 世界中のサーシャ・ファンのため息が聞こえてきそうな、今回の世界選手権だった。                                                                  

Result
1 Kimmie MEISSNER  USA 218.33 ……トリノオリンピック6位
2 Fumie SUGURI JPN 209.74 …………… 4位
3 Sasha COHEN USA 208.88 ……………  2位
4 Elena SOKOLOVA RUS 202.27  …………  14位  
5 Yukari NAKANO JPN 195.65 ……………  不参加 
6 Sarah MEIER SUI 195.11 ……………  8位                                                                       7 Joannie ROCHETTE CAN 189.41 ……………  5位                                                                       8 Emily HUGHES USA 184.75 …………… 7位
9 Susanna POYKIO FIN 180.06 …………… 13位
10 Kiira KORPI FIN 176.65  …………… 16位
11 Yoshie ONDA JPN 172.46   …………不参加
12 Carolina KOSTNER ITA 172.45  …………… 9位
13 Mira LEUNG CAN 168.80  ……………12位
14 Elene GEDEVANISHVILI GEO 164.92……………10位  
15 Idora HEGEL CRO 163.58   …………… 19位
16 Yan LIU CHN 159.05   ……………11位


予選で2度の転倒、まさかの総合5位でのスタートから、ショート・プログラムで、毎度ながら、他を圧倒するカリスマ性あふれる演技でトップに立ち、このまま逃げ切り、念願の初優勝ということになるかと思いきや、またもやコーエン選手はそのままトップを維持することができなかった。オリンピックよりも調子が悪かったようだ。最終グループ第1滑走のフリーでは、ほぼすべてのジャンプの着氷がふらつきっぱなしで、やるぞ、やるぞと思っていたら案の定、最後の最後でジャンプ転倒。この転倒のおかげで、村主選手は銀メダルを獲得できた(コーエン選手との差0.86)、と言ったら村主選手に失礼だろうか?


結局優勝は、コーエン選手に続いて登場したマイスナー選手が、オリンピックと世界フィギュア通じて唯一ともいうべきノーミス演技で、しかも3回転ー3回転のコンビネーションを2回決め、クライマックスにダブル・アクセルからの3連続ジャンプも決め、69.47点というあっと驚く高い技術点を獲得して、もぎ取った。文句なし。よくコンビネーションの2回目のジャンプについて、回転不足を指摘されるマイスナー選手だが、今回は3回転ー3回転の二つとも、しっかり認定され、それぞれ10点以上の配点。やはりジャンプが強いと強い。今回の金メダルについては意義なし。                                                        >ただ選手としては、まだ世界選手権の金メダリストになるのにはまだ少し早いかな、という印象はもつ。まだ演技自体、無味乾燥としているというか…コーエン選手がまだ1回も取っていなくて、初出場のマイスナー選手が、いきなりとっちゃうというのも…もちろん実力があるということが前提だが、やはり運と、それと精神的なプレッシャーが少ない選手の方が良い演技が出来るということが、今回も証明された形になった。                                ロシェット選手など、へたに予選で1位になってしまって優勝が手に届くところに見えてきてしまったばかりに、それがプレッシャーになって、また地元の熱烈な優勝を望む応援がそのプレーシャーを強力に後押しし、ショート、フリーと大崩れしてしまったのではないだろうか?カナダのファンにとっては、男子も女子も、結構良いメンバーで望んだ大会だけに、期待はずれの残念な結果に終わってしまった。                                          

マイスナー選手は、シーズンはじめのキャンベル国際大会でも3-3を2回決め、アメリカの観客スタンディング・オーベーションでの拍手喝采の良い演技を見せていた。グランプリ・シリーズでは影が薄かったが、シーズン最初と最後を良い演技で締めくくった。ただこの先、ちょっと早すぎたここでの金メダルが重荷になって結構苦労するのでは…というは日本人的な発想で、アメリカ娘には関係ないであろうか?来年は、浅田真央選手、そしてキム・ユナ選手がシニアに上がってくる。マイスナー選手も含めたジュニア世代のこの3人が、どういう演技、どういう活躍をみせ、競い合うか、早くも来シーズンが楽しみだ。                                                        
[PR]
by carthaginois | 2006-03-28 20:10 | ワールド(S&Jr.)