フィギュアスケートを外野から楽しむ&応援するための会


by carthaginois

Youtube探索ノートⅠー1995年佐藤有香のスパルタカス

先日新横浜で行われた、荒川静香さんがプロデュースも手掛けた今年2年目のアイスショー「フレンズ・オン・アイス」のニュース映像でちらりと見ましたが、荒川さんが"If I Had My Way”を使用して滑っていた。

このことを知って、ドルトムントでの、彼女が世界チャンピオンになってむかえた世界選手権でのエキシビションのあのすがすがしさを、ついでに放映権をもっているフジテレビがExを、深夜にひっそりどころか地上波放送してくれなくて(今と大違い!)やきもきしたなんてこともほんの少し思い出したりして、ちょっと懐かしかったです。ファンにとっては感慨深い粋な選曲ですね。
栄光のドルトムントShizuka Arakawa 2004 Worlds EX (youtube)


この曲は彼女が世界チャンピオンに一気に昇りつめた2003-4年シーズンにエキシビション・ナンバーとして使用していたもので、私の記憶に誤りがなければ、佐藤有香さんが振り付けを担当したものだったように思う。

佐藤さんが日本人で2人目の世界チャンピオンになったのが、1994年幕張で、その後すぐにプロスケーターに転向したわけだが、つい数年前まではプロスケーターの活動内容が、一般人には普通にしていてはあまり伝わってこなかったので、佐藤さんのアメリカでの人気、絶大なる支持というものが、どういったことなのか漠然と想像するだけで、内実としてよく分かっていなかった。

しかし今は幸いにもyoutubeでいろいろ見ることが出来る。
投稿されているものの内、まだほんの一部しかプロスケーターとしての彼女の演技を見ていないが、彼女の演技には、いつも喜びが満ち溢れているといった印象を持つ。

私は昨晩、偶然1995年のアメリカで行われたプロフェッショナル大会でのテクニカル・プログラムの彼女の演技を初めて見て、プロになってからこんなパワフル且つ繊細な演技をしていたのかと、私にとって新たな発見に強く感激して、何度も繰り返し見てしまいました。

曲目はバレエ組曲「スパルタカス」。最近ではミシェル・クワンがショート・プログラムで使用していましたが、この雄大な曲に乗って、プロ2年目の彼女が壮麗な演技を見せ、観客を興奮の渦に巻き込む。素晴らしいです。ちょっとしたお宝映像。
佐藤有香"スパルタカス”Yuka Sato 1995 World Professional Championships TP
(youtube)


[PR]
by carthaginois | 2007-08-25 17:26 | スケーター