フィギュアスケートを外野から楽しむ&応援するための会


by carthaginois

2008ヨーロッパ選手権

 今年のヨーロッパ選手権は、今シーズンのNHK杯に登場した3選手(コストナー選手、マイヤー選手、レピスト選手)が1,2,3位と表彰台にあがり、そして展開も、コストナー選手ショート1位、マイヤー選手フリー1位、僅差でコストナー選手が逃げ切り総合1位と、NHK杯に似た展開となりました。

 コストナー選手1位マイヤー選手2位は昨年と同じ、スルツカヤ選手が去った後、新ヨーロッパ女王として定着しつつあるコストナー選手に、あとわずかのところでおよばないマイヤー選手。
(参考までに両選手が一緒だった最近の大会の結果) ↓

 2007年ヨーロッパ選手権 コストナー1位(174.79) マイヤー2位(171.28)
 2007年世界選手権     コストナー6位(168.92) マイヤー7位(160.80)
 2007年NHK杯       コストナー1位(164.69) マイヤー2位(163.17) 1.52差
 2008年ヨーロッパ選手権 コストナー1位(171.28) マイヤー2位(169.44) 1.84差

 マイヤーファンの私!としては、ショートでのジャンプミスが響き、寸前でユーロ初優勝できなくて、残念!ただ、フリー演技の出来が、NHK杯の時に比べて格段良く、今シーズンベストの出来だったので、そのような演技を見れたのがとてもよかったです。

”マイヤーファンの私”とつぶやきましたが、昨シーズンあたりから徐々に“マイヤー選手いいなぁー”というのが私の中で高まってきていて、現役の外国人選手の中では、今一番応援したい選手なのですが、その大きな要因の一つが、彼女が日本人作曲家の曲をプログラムで使用してくれている、それが嬉しく、また彼女がその曲を素敵に表現してくれている、それがまた嬉しく、そして日本にも度々来て滑ってくれているというのも重なって、なんだか肩入れしたくなる、ということなんだと、ちょっとミーハーな理由ですが、そうなんだと思います。まあどうでもよいことなんですけど………

 昨シーズンは、フリーの中間パートで、久石譲さんが作曲した「菊次郎の夏」の映画音楽を使用していましたが、これが叙情性あふれるメロディに乗って、暑くのどかな思い出いっぱいの夏を懐かしく感じさせるような、そんな季節感が伝わってくる演技で、見ていると心がしっとり潤う、そんなすがすがしさに満ちた見事なコラボレーションでした。
2006スケート・アメリカでの映画音楽「プライドと偏見」&「菊次郎の夏」によるフリー・プログラム
Sarah Meier 2006 Skate America LP (youtube)


 そして今シーズンは、フリー全面的に、日本人作曲家の曲を使用してくれているのがまた嬉しい。この新実徳英さんという現代音楽の作曲家の名前、私、マイアー選手を通して初めて知り、はじめてその音楽を意識して聴きました。そういった意味で、紹介者となってくれた、マイヤー選手と振付師の先生か誰かこの曲を選んでくれた方に、お礼を言いたい気分ですね。
新実さんのヴァイオリンとピアノの2重奏のための、「黒いラフォリア」「紅の秋」という曲を使用しているみたいですが、フィギュアスケートのプログラムとしては表現が難しそうな、ごくシンプルで静かな美しさを讃えた音楽を、マイヤー選手、音符と音符の間の空間を埋めるべく、暗闇から何かが浮かび上がってくるような、または雪の降り積もった中でポッと咲いている可憐な花の花びらを思わせるような演技で、その個性が光っているなと思いました。
世界選手権でショート、フリーともども、彼女の一番良い演技を見ることが出来たらいいなぁとひそかに応援してます。
今年のヨーロッパ選手権でのフリー1位のマイヤー選手の演技
Sarah Meier 2008 Euro LP (youtube)

  
[PR]
by carthaginois | 2008-02-05 05:41 | その他競技会