フィギュアスケートを外野から楽しむ&応援するための会


by carthaginois

Youtube探索ノートⅢー氷上の魔法使いたち

浅田真央選手が6月初旬、来季プログラムを作成するためロシアへ渡ったそうですが、来季は振付師の役割チェンジを試み、フリー・プログラムをタチアナ・タラソワ女史が担当することなんだそうで、どんなT流の激情型Lプログラムが飛び出してくるのやらワクワクします。
ロシアから帰国後は今度はカナダのローリー・ニコル女史のもとでショート・プログラム作りなのだそうで、なんだか世界中の選りすぐりの魔女たちの膝元で、腕前をさらに磨く魔法使いの弟子といったイメージが………??
まあまあそれはさておき、新プログラムを見るのはいつでも楽しいものですね。

先日、たまたまyoutubeで太田由希奈選手の新しいエキシビション・ナンバーを見ましたが、観るものの精神も躍る、摩天楼の輝き、スタイリッシュで洗練された演技に、「待ってました!!」と堪能させられました。
太田選手の演技には、いたるところに巧みな魔術が仕掛けられていて、発見の楽しみ、普段以上に集中力を動員してじっくり見るのが好きなんですが、毎度ながら細かく見れば見るほどウゥーーーーーンと唸らされてしまうのです。

Yukina Ota "Love Story(Where Do I Begin)" (youtube)



どんなジャンルの曲を使用しても、音楽のエッセンスを解釈して常にハイ・クオリティーで魅せきってしまうのは流石。
私の場合、彼女の演技については、まだまだその需要に供給が追いついていない状態で、たまに見たりするとそれが呼び水となって、彼女の演技をもっと見たいと実感させられるし、テレビのフィギュアスケート番組などで、放送時間の都合上ダイジェスト版の中の一人として組み入れられたりしているのを見ると、本来こういう位置づけにすべき選手ではないのにと思ったりも………

ただ復活後の彼女の演技を見るとき、魅了されると同時に、ちょっと複雑な気持ちになるのも否めない。
ちょっと変な喩えだけれども、彼女の演技のはじめから終わりまでを、ひとつの駅伝コースと見立てて細かく区分するなら、多くの区間でトップの抜群のタイムなんだけど、足をひっぱってしまう区間が………
しかし、プラス面がマイナス面を補って、たっぷりおつりが出る程余りあるし、リンク上に独特の異空間を造形する力量というのは、いつ見ても傑出しているなあと感心させられます。
そして、10代の少女の頃の幻惑させられるきらびやかなまでの表現力もいいけど、経験を重ね20代になって、その表現に滋味のようなものが加わり、より味わい深くなったような気がします。

太田選手にはもっともっと第一線の表舞台で活躍してほしいなぁと…これからの期待も込めて…



もうひとつ最近youtubeで偶然発見して、気になった演技。
私はこういう大会が存在するのを初めて知ったのですが、AEGON CHALLENGE CUP2008というオランダで3月に開催された大会で優勝した鈴木明子選手の演技が、とても良かった。

Akiko Suzuki 2008 AEGON CHALLENGE CUP EX(youtube)


この大会の鈴木選手は、大会を通じて良いのだけど、私は、特にエキシビションでの『タイタニック』主題歌による、布さばきもたいへん見事な演技が、見応えあり迫力もあり好きです。
ただ残念なことにこの個人の方が撮影された映像、ちょっと映像と音声がはっきりずれていて、雑音も混じり鑑賞しづらいという難点はありますが、そんなvideoの致命的欠点にもかまわず繰り返し見てしまいたくなる、素晴らしい演技だと思いました。

彼女もその独特な造形美が光っているし、2007-8シーズンは、完成度の高い好演技が目立ったシーズンだった。四大陸選手権に2002年以来か?久しぶりに出場するのを見てみたかったけれど、国際スケート連盟の要請かなにかに従ったのか、日本スケート連盟の出場メンバーに対する方針かなんかが変わってしまったのがなんともかんとも、残念!
もっと大きな国際大会で活躍するを見てみたい選手の一人です。
[PR]
by carthaginois | 2008-06-10 00:39 | スケーター