フィギュアスケートを外野から楽しむ&応援するための会


by carthaginois

フィギュア思い出音楽館① ミス・サイゴン

いよいよグランプリーシリーズ開幕も秒読みとなり、各選手の新プログラムが楽しみですが、それまでの間、「♪もうーいくつ寝るとーアメ大会♪」と逸る気持ちをdou-douいなしながら、ここではフィギュアで使用された音楽という観点から、いろいろな選手の印象的だった過去の演技を、ごくあっさりですが振り返って、きたるシーズンに向けて、観戦モードを徐々に準備したいな、ということでひっそりとはじまったシリーズの第1回目。

先シーズン、プログラムに使用された音楽の中で、その選択いいなぁと感心させられました、ミュージカル「ミス・サイゴン」(現在帝国劇場でロングラン公演中だそうですが…)の音楽、初回はこれを取り上げてみたいと…


先シーズンのユナ・キム選手のフリー「ミス・サイゴン」は、素晴らしく印象的なプログラムだった。
この彼女のプログラム用の音楽が実によく編集されていて、始まりから終わりまで、一つのプログラムの中に様々な音色、七色の表情をもつ音楽が自然な流れの中でつなぎ合わされ、ジャンプを飛ぶ度に違った感じ、音楽と透明感ある滑らかなキム選手の演技との融合が多彩な火花を散らし、+(プラス)アジアン・テイストもよく合っていて、まさに王道プログラム、とても光っていたと思いました。
やはりトップクラス級のトップの選手になると、しっかり自分の持ち味を最高に発揮できるプログラムを用意してきて、外さないんだなぁと強く印象づけらた、キム選手の「ミス・サイゴン」でした。

新採点システムに移行してからのフリー演技歴代最高得点(133.70)も大納得の、2007年グランプリ・シリーズロシア大会の演技から↓ 
Yu-Na Kim 2007 Cup of Russia LP(youtube)

○    ○    ○    ○    ○     ○     ○     ○     ○     ○


90年代なかばに活躍したドイツのターニャ・シェフチェンコ選手(94年の幕張ワールド3位、97年NHK杯優勝etc.)は、(個人的に)とても音楽の力を生かすのがうまい選手だと思っていて、一時期とても好きな選手でしたが、彼女も「ミス・サイゴン」を使用したフリー・プログラムを滑っていて、彼女の演技も見応えあって面白いですね。特に終盤の風土色も豊かなダンサブルなパートが、音の使い方もユニークで、まだ十代だった、チャーミングで躍動感ある彼女の個性がよく発揮されているように思いました。

ちょっと画像状態がサイレント映画時代の映像風で、滅茶苦茶よくないですが、活き活きした96年の世界選手権の演技から↓ 

Tanja Szewczenko 1996 Worlds LP(youtube)
[PR]
by carthaginois | 2008-09-30 21:02 | その他