フィギュアスケートを外野から楽しむ&応援するための会


by carthaginois

アメリカの野望

Hi! 今週末、いよいよグランプリ・シリーズが開幕されます。
第1弾スケート・アメリカ女子の部は、6大会中、今シーズン随一の賑やかな顔ぶれが集合。
早くも来年3月のロサンジェルス世界選手権の前哨戦といった趣で、バンクーバー・オリンピックまでのこれからの2シーズンの流れを予想する上でも、どういう結果になるか、一つ鍵になる興味深い対決となりました。

主な出場メンバーは、アジアから、ユナ・キム選手、安藤美姫選手、中野友加里選手。
地元アメリカからは、長洲未来選手、レイチェル・フラット選手、キミー・マイズナー選手。
シーズン初めのこの時期、有力6選手が激突、どのような演技、結果が出てくるのか非常に楽しみです。
スケート・アメリカ女子出場選手

ここのところ沈んでいたフィギュア大国アメリカ、その帝国の逆襲が今始まろうとしているのか?
今シーズンは、ジュニア上がりの新世代アメリカ選手たちの動きが一つ重要なポイントになりそうですが、彼女たちがどのような成長ぶり、仕上がり具合を見せ、どれくらいの成績を修めるか、目が離せません。
(全米チャンピオン)長洲選手、(ジュニアワールドチャンピオン)フラット選手にとっては、このスケート・アメリカがシニアグランプリ・デビュー戦。王国の秘蔵っ子、ピッカピカの王女さまたちが、東洋からやって来る、ひと癖もふた癖もある3人の魔女たちを相手に、どのくらい健闘するのか………

先シーズンの世界選手権で、アメリカ陣は成績ふるわず、(米にとっては異例なことに)出場選手枠を3枠から2枠に減らしてしまい臨む今シーズン。
オリンピックのプレシーズンでもある今期、世界選手権地元開催の強力な利を活かして、必ず五輪出場3枠を取り返し、メダルも獲りにいくと思うけど、その重要な使命を担うことになる今シーズンのワールド代表2枠に、アメリカのスケート連盟はいったい誰をプッシュしてくるのか?アメリカの場合、派遣選手選考は例年国内選手権の結果によるそうですが、バンクーバーも睨み、横1線に並んだ感のあるトップレベル選手間の熾烈な戦いが展開されそうアルね。See You!
[PR]
by carthaginois | 2008-10-24 07:16 | グランプリ・シリーズ