フィギュアスケートを外野から楽しむ&応援するための会


by carthaginois

タラソワ道(どう)は茨道…

グランプリ・シリーズ第4戦フランス大会で、今シーズン初登場の浅田真央選手。タチアナ・タラソワコーチと本格的コンビを組んでの最初の大会。そのフリー『仮面舞踏会』を見ていて、04-05シーズンの、やはりタチアナさんが手がけた荒川静香さんのフリー『ロミオ&ジュリエット』の時のことが思い出されました。

オリンピックのプレ・シーズン、タラソワ・コーチは、ほんまハードで重い負荷、試練を愛弟子に与えて、がちがちに鍛えあげるんやなぁ~、あの強面(こわおもて)で選手を崖っぷちに追い込むんやなぁ~と………
高度な技のわんさわんさのてんこ盛りのオンパレードで、見せるプログラムというより、まずトレーニング・プロとしての意味合いが強いといった印象でしょうか…
音楽もなんのてらいもない直球で来ましたね…そしてこのロシア風ゴテゴテのゴージャス感は、これまでの真央選手にない持ち味。
勝つためのプログラムというより、選手の基礎力を高め、表現の幅をグーンを押し広げるためのまさに構造改革、真央版ペレストロイカ。このプログラム『仮面舞踏会』が真央選手を覆っている魔法のカーテンだとすると、このカーテンをマジシャンのようにパッーと取り払うと、そこにはさらに大きくなった、さらに輝きを増した真央選手が現れるという仕掛け……やっぱりタラソワさんは、魔女社会の大御所、なんて言ったらお怒りにならしゃいますでしょうか…?


ちょっとネット百科事典(ウィキペティア)でT.T.先生のこと、お勉強してみました。
今年(2008年)、めでたくフィギュアの殿堂入りを果たされたそうですが、タチアナ先生、調べたところでは1988年から6大会連続で、オリンピックの金メダリストを連続して輩出しているのですね。さすが名伯楽!

88年 ナタリア・ベステミアノワ&アンドレイ・ブキン(アイス・ダンス)
92年 マリナ・クリモワ&セルゲイ・ポノマレンコ(アイス・ダンス)
94年 パーシャ・グリシュワ&エフゲニー・プラトフ(アイス・ダンス)
98年 パーシャ・グリシュワ&エフゲニー・プラトフ(アイス・ダンス)
98年 イリヤ・クーリック(男子シングル)
02年 アレクセイ・ヤグティン(男子シングル)
06年 荒川静香(女子シングル)※04~05年師事

こう見てみると、この人についてゆきさえすればきっと大丈夫という気がしますが…

浅田真央選手とコンビを組んでのシーズン初戦、2位という結果と内容をみて、真央ちゃんはどうしちゃったんだ、惨敗ムードの大騒ぎ、早くもタラソワ・コーチの手腕うんぬんと批判するようなメディアの記事もあるようですが、ちょっと時期尚早なような気がするのですが…
頼りになる専門家の方が指摘していらっしゃるとおり、オリンピックを見据えての長い調整期間の真っ只中、まったく心配なしということに、素人も同感同感……正しい方向に向かっているんじゃないかと、逆に安心したりしましています。

そうはいっても、応援している選手のがっかりした落ち込む姿を見るのはファンにとってもつらいこと。真央選手はみんなの希望の光。
次のNHK杯ではどれくらいの出来になるのか………パンドラの箱を開けるという感じで、結果を知るのがちょっとおっかなびっくりでもありますが…でもオリンピック・シーズンを迎え、きっと最後の最後には、真央選手の最高の笑顔が見ることが出来るのではないかと………楽観楽観………



もうすぐ12月。寒くなってきました。風邪にはみなさん気をつけましょう……
[PR]
by carthaginois | 2008-11-20 00:39 | グランプリ・シリーズ