フィギュアスケートを外野から楽しむ&応援するための会


by carthaginois

太田さん、ありがとう

太田由希奈選手が競技生活から引退するとの発表をされました。
お疲れ様でした。

Sports@niftyのサイトに掲載された太田さんの引退メッセージ

選手層の厚い日本女子選手の中にあって、その多彩さを象徴するかのような太田さんの存在だったと思います。日本に、芸術面で秀でたこういうパフォーマーがいるということが嬉しくなるような、世界に自慢したくなるようなスケーター。
2004年に大怪我をされて以降、選手としてはたいへんだったようですが、ジャンプの失敗など重なり全体としてはうまくいかなかった演技でも、彼女の演技には一つとして凡庸な演技というものがない、どこかしら光っている箇所があり惹きつけられる、その演技がもたらしてくれた感動の思い出の数々に、「ありがとう」と言いたいです。

安藤選手、コストナー選手らを抑えて、ジュニアの世界チャンピオンに輝いた時のトゥーランドットによる演技
Yukina Ota 2003 Jr.World LP "Turandot"(Youtube)

シニアグランプリシリーズ初登場の時の鮮やかなデビュー・パフォーマンス
Yukina Ota 2003 Skate Canada SP(Youtube)

物語世界から抜け出てきたような、ダフニスとクロエ、優勝した4大陸選手権での演技
Yukina Ota 2004 Four Continents LP "Daphnis and Chloe" (Youtube)



考えようによっては、太田さんはまさにショー向きのスケーターという気もします。すでに輝いているプロ・スケーターの諸先輩の方々に混じって、アイス・ショーという日本ではまだ新しいエンターティメントを盛り上げっていってくれる、彼女も逸材だと……きっとスケート・ファンの間での需要は非常に高いと思うので、氷上マジック、彼女らしい目を瞠らされる演技で、また彼女らしく滑っている姿を見ることが出来たらよいなと………

またコーチや振付師としても意欲を示されているということなので、
これからの各方面でのご活躍を、太田さんの新しい門出を祝して、

乾杯!

トリノ・オリンピックのシーズン、本来なら彼女も代表争いの一端に絡んでくると見られていたのに、怪我によってそれが叶わなくなってしまった。だけど海外で、日本の多くの人が知らないところで、このような劇場の舞台上で行う公演に、海外のスケーターに混じって参加して頑張っていたんだなぁという事実を、後からこのビデオを見て知り、感動しました。派手な3回転ジャンプ等はないけれど、佇む風情に彼女の想いが伝わってくるような蝶々夫人のパフォーマンス。

Yukina Ota 2005 Ice Theatre of New York "Madame Butterfly" (Youtube)
[PR]
by carthaginois | 2008-11-28 01:46 | スケーター