フィギュアスケートを外野から楽しむ&応援するための会


by carthaginois

<   2008年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

4月20日(日)、今年で3年目となる、3地域対抗団体戦のジャパン・オープンが行われました。

世界選手権が終わってひと月、シーズン・オフに突入したばかりというこの時期にあって、世界中から豪華メンツが集まっての顔見世興行的フェスタ、選手たちの今シーズンずっと滑ってきたフリー・プログラムのこれが見納め、調整不足もやむを得ずジャンプ不発演技破綻もご愛嬌といったところで、見るほうとしても、スケーターたちの姿を再びこの時期に拝めるうれしさを味わいつつ、ちょっと緊張感ある試合雰囲気も楽しみましょう…とそういうスタンスで見るようなこの大会。

しかし今年のジャパン・オープンは、、、、、、一体全体どうしちゃったのでしょう????

ぎらぎらエスパニョール・オレンジの衣装まぶしく、気合ビシバシみなぎらせた中野友加里選手が登場したあたりから、あらららララララ……………………! 

今は4月これシーズン・オフ???と疑いたくなるような、中野選手、サラ・マイヤー選手の渾身ノーミス演技、キミー・マイズナー選手も復活の兆しちらちらと、世界選手権よりも格段良い、シーズンズ・ベストな演技がぞくぞく続出、先に滑ったエヴァン・ライザチェック選手の大熱演トスカも含め、開催時期が何週間か早まった影響でしょうか、まったく予想外に、炭酸の抜けたソーダ水のような昨年までのジャパン・オープンの試合の流れから大きく軌道を外れ、なんだか季節はずれの雪祭り、本気モード熱気むんむんでうんうんとうなずきながら身を乗り出して見る、そんな異色のエキサイティングな大会になったようですた。

思いもかけず良い演技が多く見れてラッキーな今大会でしたが、個人的に来日を楽しみにしていたこともあり、欧州チームの一員として3年連続皆勤賞のサラ・マイヤー選手のパーフェクトな演技、彼女のノーミスのフリー演技を初めて見たということもあり、私にとって今大会中でもピカいち、このような彼女会心の演技が、この日本で見れたのがとても嬉しかったし、演技後キス&クライでの、高得点告知によろこぶ彼女のキュートな姿に、ますますファン熱が高まりました。

Sarah Meier 2008 Japan Open (youtube)


今シーズンのマイヤー選手のフリー・プログラム、新実徳英さんの曲を使用したフリー・プログラムの出来は、出場する試合ごとにどんどん良くなってきて、グランプリ・シリーズよりもヨーロッパ選手権、ヨーロッパ選手権よりも世界選手権、そして世界選手権よりも今回のジャパン・オープンということで、このジャパン・オープンでシーズン最高(ちょっともったいないなぁという気が若干しないでもないですが)の彼女の演技が見れて、とても感激しました。

静謐な音楽と彼女の個性、彼女の演技との調和がお見事!

美しいものと美しいものとの響きあい、共鳴作用が、有限の世界から無限の世界への旅立ちへと誘う。新緑のさわやかな季節、そよ風にゆれる自然の樹木のゆらぎを体に感じる悦びに近い、心うきうき、胸に実感を伴って迫ってくる、決してまがいものではない生きた演技生きた感動に、心震える。マイヤー選手の演技にもそれがあったように思いました。。。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆ ☆      ☆   


来年からは、世界スケート連盟(ISU)主催で、世界6地域対抗、男子女子シングルに加えペアもダンスも含めた、年ごとに開催地を変える、ジャパン・オープンとは別な、新たなもっと規模の大きな団体戦の構想があるようで、第1回大会は日本開催予定というニュースが流れましたが、どうなるのでしょうか?実現されたら面白い大会になりそうですね。
[PR]
by carthaginois | 2008-04-21 00:00 | その他競技会